内科、消化器科、内視鏡検査「こだいらクリニック」

こだいらクリニック

〒425-0033 静岡県焼津市小川1036-1
※駐車場完備

診療時間

午前8:30~12:00
午後13:30~18:00
(内視鏡検査含む)

休診日

火曜日・日曜日・祝日

お気軽にお問合せください

054-621-3333

内視鏡検査

内視鏡検査

ご予約が必要な検査ですので、まずは受診してください。
ご予約の際には[承諾書]にサインをいただいております。ご承知おきください。

上部消化管内視鏡検査

上部消化管内視鏡検査

いわゆる胃カメラです。

朝食抜きで行う検査で、直径1センチほどの内視鏡を口から入れます。
検査用のベッドに横になり、のどの麻酔(のどに液体をしばらく貯めて出す)を行ってから開始します。のどを内視鏡が通るときに嘔吐反射が起こることがあります。
ご希望の方には点滴で麻酔をすることもできます。
また鼻の穴から細い内視鏡で検査することもできます。
ご希望に応じてコースをご選択いただけます。

当院では通常の観察に加えて、特殊光観察を行い、早期癌などを発見しやすい体制を整えています。
検査中、所見次第では組織をとる検査(生検といい、痛くはありません)を行います。血液をサラサラにする薬を服用されている方は血が止まりにくくなるので、事前にお申し出ください。
検査後はすぐに帰宅できますが、しばらく休んでいただいても構いません。
また、点滴麻酔を行う方は車の運転ができないので、付き添いの方と来院されるか、交通機関でお越しください。

※検査に際して、まれに喉などに傷がついたりする合併症も起こり得ます。

検査ご予約時には承諾書にサインを頂いておりますので、ご承知おきください。

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査

便の調子が悪い方、検診で便に血が混じっていると言われた方などに行います。

直径1.2センチほどの内視鏡を肛門から入れます。
前処置として特別な下剤(2リットル位の液体)を飲んで、腸を空にしてから検査します。
前処置は下記のどちらかをご選択ください。

  1. ご自宅で下剤を飲み、腸内の便を出し切ってから来院し検査する方法
  2. 朝来院しウェイティングルームで下剤を飲み、腸内の便を出し切って検査する方法

(ウェイティングルームはトイレ付個室で長椅子もあるので、ご同伴の方もご一緒に滞在可能です)
どちらかご選択できます。

突然おしりから出血したなどの症状には、下剤抜きで浣腸をし、直腸だけを見るようなこともあります。
内視鏡を使って腸にできたポリープを切除したり、組織を取って調べる(生検)こともあります。
上部消化管内視鏡と同様、特殊光観察を行う場合もあり、診断をしっかりするようにしています。それでもはっきりしない場合に生検を行います。血液をサラサラにする薬を服用されている方は、事前にお申し出ください。
検査後はすぐに帰宅できますが、しばらく休んでいただいても構いません。
ご希望の方には点滴で麻酔をすることもできます。
点滴麻酔を行う方は車の運転ができないので、付き添いの方と来院されるか、交通機関でお越しください。

※検査に際して、まれに腸に傷がついたり穴が開いてしまうという合併症も起こり得ます。

検査ご予約時には承諾書にサインをい頂いておりますので、ご承知おきください。

診療案内

診療時間
 
午前
内視鏡
午後

午前外来/8:30~12:00
大腸内視鏡/13:30~16:00
午後外来/16:00~18:00

休診日

火曜日・日曜日・祝日

お問合せ

054-621-3333

お気軽にご連絡ください。